英会話フレーズ

OK ばかり使ってない!? Alright 編【3Bちょこっと英会話Vol.1】

 

“OK”ばかり使ってない!? Alright 編


こんにちは!Three Be 英会話教室です。
日本でも良く使われている「オッケー」。
馴染みがあるので英語で話すときに OK を使いがち
な方も多いのでは!?
時と場合によっては異なるニュアンスで
伝わることもあります。
状況や会話の流れによって使い分けられるように 
OKの代わりに使えるフレーズをご紹介していきます!
今回は Alright です!

 

Alright


正式なスペルは All right 
公式な文章や書籍などでは上記の正式なスペルが
使用されますが、友人同士でのメッセージなど
では Alright で大丈夫です!

◇どんなときに使うの?


「いいよ」や「分かった」はもちろん
「大丈夫」や「よし、それじゃあ…」
というニュアンスでも使われます。

 

【分かった/いいよ】

 Can you get some food for me? 
 (何か食べ物買ってきてくれへん?)
 
 Alright! 
    (分かった!/いいよ!)

 

【大丈夫】

 Are you alright!? I was worried about you! 
    (大丈夫!? 心配したんだよ!)

 Thank you. I'm alright! 
 (ありがとう。大丈夫だよ!)

 

【よし、それじゃあ…】

 We are ready!! 
 (準備できたよ!)

 Alright! Let's go! 
   (よし、それじゃあ行こうか!)

 

 

◇『OK = 良い』ではない!?


まず、OKの正式なスペルは Okay です。
alright は OK よりも快諾している
ニュアンスが含まれます。
実は、 OK は「良い」というより「まあまあ」「悪くないし良くもない」に近いニュアンスの
フレーズなのです。
OK = 良いニュアンスだと思って使うと
正反対の意味にとらえられることもあるので注意!

 

【「料理が美味しい」と言ったつもりが…】

 How do you like it?
    (料理どうだった?)

 It was okay!
   (まあまあだった!)

 

【「元気だよ」と言ったつもりが…】

 How are you?
    (調子どう?)

 I'm okay.
    (まあまあかな。)

 

【「お願いします」と言ったつもりが…】

 Would you like to have some more?
     (おかわりはいかがですか?)

 I'm okay. 
    (大丈夫です。(必要ないです))

 

 

感想を求められたり、気分・調子を聞かれて「良い」
と伝えたい場合は good もしくは great を使えば
間違いないです!
しかし、最後の例文のように、何か欲しいか、
何か必要かどうか聞かれたときは good を使っても
同様に「必要ない」というニュアンスになってしま
うので注意!
お願いするときは 
"Yes, please!"(はい、お願いします!)
と言いましょう!

 

◇今回のPOINT


  • 正式なスペルは all right
  • 日常やカジュアルな場で使う場合には alright
  • alrightは ok よりもポジティブなニュアンス
  • ok は「まあまあ」というニュアンス

 

今回は alright について紹介しました。
ニュアンスの違いを知って、その時々の状況や場面
によりふさわしいフレーズが使えるようになると
相手を不快な気持ちにしてしまったり
誤解を招くこともなくなりますね!
次回もOK の代わりに使える他のフレーズを
紹介したいと思いますので是非また読みに
きてください!
また、Instagramでも紹介しています!
Instagramで見たい方はコチラから!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

【Three Be 英会話教室】
~大切なのは自分らしく話せること~
コミュニケーション・会話に特化した英会話教室です。

★生徒募集中・無料体験レッスン受付中★
幼児(4~6歳)・小中高生・大人・シニア

■アクセス■
京都市右京区嵯峨釈迦堂大門町25番地
JR嵯峨嵐山駅から徒歩10分
嵯峨小学校から徒歩2分